夏に浴びた紫外線にもロスミンローヤルがオススメ!

新陳代謝を活発に! 線繊芽細胞をサポート

シミ対策の効果が期待できる「ロスミンローヤル」が今、話題になっています。そもそも、シミができる原因としては皮膚への摩擦や老化が考えられますが、同時に大きな原因の一つが紫外線です。紫外線によってメラノサイトがメラニンを生成し、そのメラニンが蓄積してシミなどになってしまうのです。もちろん、正常なターンオーバーが繰り返されれば、メラニンは自然と剥がれ落ちていきますが、その正常なターンオーバーに必要なのが、線繊芽細胞の活動です。

お肌の表皮の下の真皮には、線繊芽細胞があります。これが活発に活動すればするほど新陳代謝が活性化し、ターンオーバーも促進されるのです。この線繊芽細胞の活動こそが紫外線によるシミなどの蓄積をブロックしてくれるというわけです。

 

ロスミンローヤルの有効成分で

ロスミンローヤルには、ニンジンやトウキなど血行促進を図る9種類の生薬のほかに、この線繊芽細胞を活性化させる成分が豊富に含まれています。ビタミンB群やビタミンE。老化の防止やアレルギー症状の軽減が期待できるDL-メチオニン。そして体の内側から代謝を助けるL-システインなどです。これらの成分が線繊芽細胞を活性化させ、正常なターンオーバーを繰り返させることでシミなどの解消をサポートするのです。

夏の強い紫外線を浴びたお肌は、ダメージを受けています。そのままにしておくと紫外線によって作り出されたメラニンが、シミとして蓄積するリスクも高まります。「ロスミンローヤル」で線繊芽細胞を活性化させ、正常なターンオーバーを繰り返させることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です